チャットツールを上手く運用する|業務スムーズ化で業績アップ

ウーマン

特許を取得するためには

男性女性

他の技術との違いを明確に

特許申請をするにあたって、最初にすべきことは、以前に同じような申請がされていないかということを調べることだ。以前に同じような申請があった場合は、当然特許申請は認めらない。これを「先願主義」と言う。ただし、以前に同じような申請があったものとの明確な差を証明することができれば、特許庁に認められることがあり、権利を与えられる。したがって、特許申請にあたって最も重要で工夫すべきことは、他の技術とはどのように違い、どういった点が今までにない新たな新規性、進歩性があるのかを明確にすることである。特許申請を実際にする際には、明細書の作成や申請の手続きを行う必要があり、それらには専門的な知識を要するので、法律の専門家である弁理士に依頼するのが一般的である。

かんたん特許検索を使う

特許申請の流れの特徴は、自らの技術を特許庁に申請し認められ権利化されるといった単純な流れになっているが、先述のように、専門的な知識を要するため弁理士などに相談依頼するのが一般的である。しかし、弁理士に相談すれば費用がかかるため特許申請をするのを迷っていたり、すでに同じ技術の特許は取得されているのではないかと不安になる場合などは、かんたん特許検索といったものを使って、以前にあった特許申請がどのようなものなのかを調べることができる。そうすることで自らの技術と比較したり、どの分野のものが、特許申請が多いのかなども調べることができる。特許申請を考えるのであれば、かんたん特許検索を用いて、自らの技術の新規性・進歩性を客観的に見つめることが大切であろう。